« 霧海ジ | トップページ | 霧海ジのフレージング »

霧海ジの冒頭

霧海ジの冒頭の一節,前奏(と,私が勝手に定義している)部分は,尺八本曲的な典型的な部分だと思います.

使われている音は,D音とC音の2つだけ.それでも退屈しないのは?

途中に乱れ拍子の連打があって,拍節に変化がつけられていることが一つ.もう一つはD音がロとイで使い分けられ,硬く強いロ音と,柔らかいイ音が交互に出てきて,変化がつけられていることです.

ロ音で始まりロ音で終了し,その中間に拍節の乱れで聞かせどころのある,完結した一つのフレーズになっています.

|

« 霧海ジ | トップページ | 霧海ジのフレージング »

対山派:霧海ジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186472/11940883

この記事へのトラックバック一覧です: 霧海ジの冒頭:

« 霧海ジ | トップページ | 霧海ジのフレージング »