町田櫻園(1910)「改訂 尺八獨案内」

町田櫻園(1910)「改訂 尺八獨案内」

初版:1900,  30版改定版:1910

林 盛林堂


Machida01 Machida02 Machida03

簡単な記述の解説の後に曲譜が掲載されています.

曲譜は横書きで,音名は漢数字.
音名は尺八の指使いに対応しているのでななく,以下のように西洋音階に対応しています.
  ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド
  一 二 三 四  五 六 七 一
 (ヒ フ ミ ヨ  イ ム ナ ヒ)
そして,「本調子」と「三下り調子」の場合には
  琴古流の「ロ」が「七」,「ツ(メ)」が「一」,「ツ」が「ニ」・・・
と対応しています.一応ドレミには対応していますが,基音に相当する「一」が尺八で最も音の出しにくいツのメリ音というのは,理解しがたいものがあります.
また,厄介なことに,「二上り調子」の場合には,
  「リ(半メ)」が「一」,「リ」が「二」,「ロ」が「三」・・・
とされ,調子(=音階)により音名と指使い(=実際の音程)とが異なります.かなり難しい記譜です.伝統音階を,無理に西洋音階に合わせたことによる困難さではないでしょうか.


目次

 尺八
 曲の事
 奏法
 本書音符の事
 合奏の事
 音の長短



目録

  岡崎女郎衆 (三下り)
  一つとや (二上り)
  潮來でじま (本調子)
  梅とさくら (本調子)
  明(あけ)の鐘 (三下り)
  淀の車 (本調子)
  夕ぐれ (本調子)
  春雨 (二上り)
  京の四季 (本調子)
  清元北洲 (本調子)
  弓八幡 (平調子)
  山ざくら (平調子)
  よし原雀 (三下り)
  高尾 (三下り)
  三番雙(そう) (三下り)
  老松 (三下り)
  朝妻船 (平調子)
  雛鶴 (三下り)
  汐汲 (二上り)
  六段 (平調子)
  都獅子 

 本調子の部

  宇治は茶所
  鶴の聲
  雪は鞆(ともへ)
  梅にも春
  我もの

 三下りの部

  我が戀は
  助六
  江の島
  越後獅子

 二上りの部

  富士の白雪
  伊勢音頭
  よせのはやし
  *猫ぢや
  *木曽ぶし
  いそぶし (本調子)
  十日ゑひす
  すいかぶすいか (三下り)
  すとらいき (本調子)
  春はうれしや

    *:目次にはあるが楽譜は無い

| | コメント (2)

門付芸講演会

このような講演会を聴いてきました.

B811951dcac2eb961d40647a4c95d149

門付芸の例の中に,「願人坊主」が挙げられていました.

その延長上には「高野聖」がいるはずなので,当然ながら「虚無僧」も,客観的には門付芸になるはずですが,本人達も,民衆にも,そのような認識は全くなかったのでしょうね.

| | コメント (0)

浜松楽器博物館(再訪)

久しぶりに訪問しました.尺八の展示は少なくなっていましたが,和楽器の展示は充実していました.

浜松市の洋楽器産業の歴史の部屋には,最初の洋楽器会社「山葉風琴製造所」が普大寺跡に設立されたことが明記されていました.

Hamamatsu201

 浜松の洋楽器産業は,明治21年3月に成子普大寺跡に山葉寅楠が設立したオルガンの制作修理会社「山葉風琴製造所」に始まる.その後,明治30年に「日本楽器製造株式会社」を設立,文部省や東京音楽学校の伊沢修二の後ろ後ろ盾でピアノの国産化を図り,明治33年に第一号を制作した.
 
 昭和2年には,「日本楽器製造株式会社」から独立した河合小市により,寺島町に「河合楽器研究所」が設立された.
 
昭和7年以降には,両会社から技術者が相次いで独立して楽器製造所を設立,浜松洋楽器製造業の裾が広がる.

Hamamatsu202     Hamamatsu203
オークラウロ        ネイ(イラン)


Hamamatsu204   Hamamatsu205

| | コメント (0)

「徳川禁令考 前聚 第5帙」

国立国会図書館で公開されている文書です.
(著作権保護期間満了)

菊池駿助, 司法大臣官房庶務課編「徳川禁令考 前聚 第5帙」
1931年頃 吉川弘文館

Kinrei01

徳川幕府が発出した文書を取りまとめた本です.その中の普化宗の項.

前半はいわゆる「慶長の掟書」とそれに関連する文書で,ここに掲載されたものはいくつかある物の中の短いバージョンです.もちろん良く知られているとおり「慶長の掟書」は偽書です.

後半の子細な禁令類が正書か偽書かの考察については承知していませんが,偽書であれば虚無僧側が幕府の威信を借りて自らの規律を正当化しようとしたものと考えられ,正書であれば虚無僧側の内部統率が出来なかったために幕府から事細かに指示されていたことを示すものと思われます.

| | コメント (0)

瀧井南舟(1916)「琴古流尺八樂譜 竹の志らべ 第一集」

古本屋さんで見つけました.

瀧井南舟(1916)「琴古流尺八樂譜 竹の志らべ 第一集」
第6版(1917) 盛林堂


簡単な尺八の紹介に続いて,楽譜が掲載されています.
楽譜の中には地歌の黒髪,六段調,千鳥(之曲)があります.
現在に広く演奏されている譜と比較すると,旋律を離れ,かなり派手なて手付の編曲になっています.

本書の姉妹版に第二集があり,こちらに掲載されている譜は初心者用だそうです.

巻末に本の広告があります.そのうちの尺八関係を下に掲載しておきます.


 目録
尺八の寸尺
その構え方と吹方
その音符
甲と呂の音
特殊の指法
拍子,音符の長短
合奏の心得

 樂曲 目次
黒髪
六段調 
千鳥
ゆき
櫻狩
長唄 明の鐘
長唄 勧進帳
義太夫 寺子屋
清元 喜撰
春雨
松前追分
深川おどり
いそ節

瀧井南舟 琴古流尺八樂譜 竹のしらべ 第二集
町田櫻園 最新尺八獨習自在
町田櫻園 尺八獨案内
成齋樂人 俗曲獨習尺八速成自在

Takii01  Takii02  Takii03

Takii04

| | コメント (0)

«外史曲編纂「明治四年 布告全書 十」